稽古場日誌26日目

おはようございます!
熊谷です!

さて本日はー…!
二度目の通し稽古!

もう本番も約二週間後に控え、
密度を高め、よりよいものにしていく稽古の一つの山です!


「今現在、僕が気にしているのはランタイムだけです笑」

演出の沢渡さんから、通し開始前に言われたのは、
ランタイムのこと。

そう!
前回の初の通し稽古のとき、半分お客さんになりかけていたほど、
お芝居としてはレベルの高いものになっていたのです。

もう何も言うことはない!
たった一つを除いては…

というのが、ランタイム(。>д<)

希望よりも約20分長かったのです。

これをいかに縮めるか?!という闘いを、
この6月頭からしておりました。

「テンポよくいけるところはテンポよく。」「見せ場はためてみたり?」

そんなテーマのもと、通し開始です!


音響のBGYさん、照明の檜木さん、
スタッフさんもそろっての通し稽古。

BGYさんが、決まっている音も流しながら行っているため、
より緊張感のある状態です。


早着替えの段取りも含んだり含まなかったり。
大半の人が衣装も決まってきておりますので、裏の作業も詰めていきます。


そんなこんなで通し稽古終了!

「「あー、面白かった!!(*≧∀≦*)」」

演出、演出補ともにご満悦で終了した通し。

さて、気になるランタイムは…!?


んん?!

目標まであと三分!!!

惜しい!
だが三分ならまだ縮めることができる!


嬉しい結果で終えたところで、本日の稽古は終了!

このあと、演出補の牛丸さんより、
個人個人にダメ出し、アドバイスが渡されていきました。

できる演出補がいると頼りになります!
演出の沢渡さんはスタッフさんとの打ち合わせを行って、
舞台上にあげる見せ物としてのクオリティをあげます。


さて!
これで皆様のお尻は全く痛くなりませんよ!(笑)

気になるランタイムはまた近いうちに発表しますね✨
ではでは(*^^*)